ヒルズマルシェレポート2018年04月

2018年4月28日(土):ヒルズマルシェ

4月最後のヒルズマルシェは、盛りだくさんのコンテンツで大変賑わいました。

月に一度の朝クラさんの演奏会、キッズコミュニティさんのワークショップと、テックショップさんの発表&ご出店。

マルシェのお店では、今期初出店のジェラート専門店がフルーツたっぷりのジェラートをご用意。

オススメはイチゴと栗!イチゴの甘酸っぱさと栗のまろやかな甘味でぐんぐん食べ進めてしまいます。

初めてのご出店は革のパスケースをメインに製作されている革小物専門店。

シャイな女性店主が柔らかな語り口で、使い勝手のよい商品を説明するので、お年寄りにも大変人気です。

2018年4月24日(火):ヒルズマルシェ on Tuesday

サントリーホールの公演がなかったため、全体を通してゆったりとお買い物をお楽しみいただけました。

お昼間にはオフィスワーカーさんや地元のお客様がお越しくださり、店主と会話を交わしながらお買い物をお楽しみ下さいました。

この日は手作りスイーツのお店が多く出店し、特に女性のお客様の目を楽しませてくれました。

シフォンケーキ、タルト、カップケーキなどなどジャンルは違うのですが、どのお店も旬の果物をつかっていて、フルーツの風味を感じながら食感を楽しめるものばかり。

毎週違うお店で購入される方も、一つのお店で毎週お買いもの下さる方も。

店主と顔なじみになって「毎度!」という声がかかるとマルシェにも活気がでます。

2018年4月21日(土):ヒルズマルシェ

春のぽかぽか陽気の中でのマルシェ、サントリーホールさんでは子供定期演奏会もあり、いつものお客様はもちろん、ホールにお越しのお客様もマルシェをお楽しみくださいました。

旬を感じられる食材が、あちらこちらで見受けられ、タケノコやフキも美味しい時期。

どちらも灰汁をとるために下茹では必要ですが、ほんのり苦みのある澄んだ美味しさはたまりません。

ちょっと手間のかかるくらいが、料理の楽しさも倍増。

週末にゆっくり茹でてタケノコご飯や、アサリのお出汁で煮たり・・美味しさは尽きませんよね。

雑貨エリアでは春にぴったりの可愛らしい小物や爽やかなスカーフが。お出かけも楽しい季節、小物で更に気持ちが引き立ちますよ。

2018年4月17日(火):ヒルズマルシェ on Tuesday

今週は開催場所がカラヤン広場で消防訓練が行われていたため、以前の六本木一丁目駅方面出口になったり、先週に引き続き非常に寒く夕方には雨も降りだしてきて、なかなかお客様にはお立ち寄りしていただきにくいな、と思っておりました。

が、場所が変わっても追いかけてきてくださるリピーターさんもいらして、結果的には店主共々非常にうれしいマルシェになりました。

春の訪れを感じるタケノコやラディッシュ、春キャベツ、真っ赤なトマトなども出てきて、お客様には大人気。

お料理も楽しくなりますし、毎週出店してくれている調味料のお店で、出汁も醤油も揃います。

充実した食にはマルシェがぴったり。徐々に認知もいただけているようです。

2018年4月14日(土):ヒルズマルシェ

今週も週末のお天気が心配されましたが、マルシェ開催中は風・雨はあたらずゆったりとお楽しみいただけて一安心。

その中でもお客様が興味津々だったのが、初めてのご出店"自然の実り農園"さん。

"自然の実り農園"さんは、自然薯の生産者さん。

ジネンジョ、ヤマイモ、トロロイモ、て何が違うの?と思われている方も多いと思います。

自然薯は、唯一の日本原産品種で、古くから山の宝物として食されてきました。

自然薯は栄養価がとても高いことでも知られていて、漢方薬としても使用されているとか。

味もぎゅっと旨味が濃縮されていてフワフワ。

来週で今季の出店は終了になってしまうので、ぜひお見逃しなく!

2018年4月10日(火):ヒルズマルシェ on Tuesday

4月の入ってからの温かさからは、ちょっと想像できないような寒さと強風のため、サントリーホールのお客様も足早にホールへ向かわれてしまいましたが、マルシェでは今しか味わえない旬の味もご用意しており、常連のお客様はお立ち寄りくださいました。

"小夏""媛小春"などの黄色い小さな柑橘は、甘味と酸味のバランスが絶妙で品種指定でリピートされるお客様が多数です。

また、シフォンケーキ専門店の"さくら味"は今週が最後となりました。

桜の風味がふわっと香る味は、この時期だけのお楽しみ。

桜とともに姿を消して、来年までのお楽しみ。

シフォンケーキは、これからベリー味など旬の味を続々楽しんでいただけます。

2018年4月 7日(土):ヒルズマルシェ 春の特別企画「ストロベリーフェスティバル in ヒルズマルシェ」

初のストロベリーフェスティバル&フルールマルシェin ヒルズマルシェの開催日は、心配されたお天気もなんとかマルシェの終了時間まではもってくれて、予想以上のお客様にご来場いただき驚くほどの賑わいとなりました。

練馬のイチゴ農家さんや、茨城県下妻市の直売イチゴは大人気で、お昼前までにはすっかり完売。

利きイチゴコーナーも大盛況で、品種による違いをじっくり真剣に味わわれている参加者の皆様の横顔が印象的でした。

同時開催のフルールマルシェでも、ワイルドストロベリーの苗が一番人気で、すぐに売り切れ。

春の豊富な花が、華やかに会場で咲き誇っていて、春の醍醐味を満喫していただけるマルシェとなったようです。

2018年4月 3日(火):ヒルズマルシェ on Tuesday

お昼前後にサントリーホールのお客様が大勢いらっしゃり、女性でにぎわうマルシェとなりました。

初出店の「あきのかなこ」さんは色えんぴつ描いたイラストでシールやポストカード、マグネット、ぽち袋、レターセットなどの紙雑貨を手作りしているアーティストさん。

色えんぴつ独特の色合いと手描きのゆるさ、そして色使いもイラストもポップなので、パっと目に入ると引き寄せられるようにしてお店の周りに人だかりができます。

果物専門店「はるセレクション」さんでは、小夏が大人気。

ジュースがたっぷりはいった小粒は香り高く、いくつでも食べられてしまいます。

リピーターさんも毎週楽しみに来て「今日のおすすめは?」と聞かれています。

2018年4月 1日(日):ヒルズマルシェ<さくらまつり特別開催>

3日目もお天気に恵まれ、最後まで温かい太陽の元での開催ができました。

マルシェもものづくりワークショップも、3日目もたくさんのお客様にお越しいただき、特にサントリーホールさんのオープンハウスには大量のお客様が順番を待つために並ばれて、その合間にマルシェにお立ち寄りくださるという好循環。

久々に出店のパン屋さんや、火曜日に出店しているシフォンケーキ屋さんなど、あっという間に完売するお店も続出しました。

ご家族づれの方も多く、サントリーホールを楽しまれて、屋台でお食事して、ワークショップで体験して、マルシェでお買い物というフルコースを楽しまれて、どのお顔も笑顔だったのが印象的でした。