ヒルズマルシェレポート2020年09月

2020年9月26日(土):ヒルズマルシェ

空はあいにくの雨でしたが、2月以来の出店「鵜殿シトラスファーム」さんが登場し、お待ちかねのお客さまとの再会を喜ぶ、とても和やかな雰囲気になりました。

鵜殿さんといえば、その店名のとおり柑橘を専門につくっている生産者さん。

なかでも主力のレモンは、皮ごと使えるレモンとして、ご家庭でも飲食店でもとても重宝されています。

もちろん味が選ばれている一番の理由。

ただ酸っぱいだけじゃないレモン、というのはこのことです。

この日はお隣同士になった「うえのはらハーブガーデン」さんのレモングラスと合わせてレモネードを作ったら、激ウマである情報を交換していました。

香りの良すぎるレモネード、またマルシェメニューができました。

2020年9月19日(土):ヒルズマルシェ

この時期、毎年大人気のレンコン、落花生やカボチャ類もあちこちに並んで秋真っ盛りです。

「さがみこ有機畑」さんでは、大変珍しい"生の落花生"が積まれていましたが、あまりにも珍しくて登場は今週のみだそうです。

塩で茹でた、ゆでたて落花生は格別なんだそうです。

秋はホクホクする食感、そしてお芋のような甘味が感じられる食材が多くて、湯気と一緒に食べるととても幸せになります。

「経堂自然食品センター」さんでは、お彼岸を打ち出していて、いつも以上にお花が売れていました。

少し厳かな気持ちになりつつ、連休中には秋分の日を迎えて、なんだか本格的な秋の到来を感じます。

2020年9月12日(土):ヒルズマルシェ

強い雨に見舞われて、マルシェには不向きな天気でありながらも、感動の出来事がちらほら。

久々のご出店「うえのはらハーブガーデン」さんのレモングラスやセージなど、並べた途端にぶわっと香る、摘みたてフレッシュハーブの香りには皆で大興奮。

「くまのグリーンファーム」さんには、かわいらしいお客さまの再訪があり、それが以前、"おつかい大作戦"という、マルシェで初めてのお買い物体験イベントに参加してくれたお子さま。

人生で初めて買ったマイヤーレモン果汁の味が忘れられなくてまた買いにきてくれたんだそうです。

店主たちも大感激。

なんというかマルシェ冥利につきます。

またのお越しを、マルシェ一同でお待ちしています。

2020年9月 5日(土):ヒルズマルシェ

1か月ぶりにスペイン食材専門店「MARCOMAR JAPON(マルコマールハポン)」さんが登場しました。

マルコマールさんは、ヒルズマルシェのレギュラー出店者でもあるため、スペイン食材としてカラスミが販売されていることが「ああ、いつものね」のように当たり前のようになっているのですが、ふと我に返るとカラスミからスペインってあまり連想しませんよね。

またマルコマールさんのオリーブオイルに出会って、また戸辺農園さんのサルサソースに出会ったおかげで好みのドレッシングを探し求める旅から解放された、というお声も聞きます。

新しい食材との出会いがいつしか当たり前になるというのも、マルシェらしい出来事です。