ヒルズマルシェレポート2019年01月

2019年1月26日(土):ヒルズマルシェ冬の特別企画 「食べてあたたマルシェ」

初の冬の特別企画「食べてあたたマルシェ」を開催。

あまりの寒さと風の強さで、お客さまの出足が非常に心配でしたが、実際にはたくさんのお客さまにご来場いただき、特別に設けた飲食スペースも好評で、お客様が滞留してくださいました。

大人はホットワインを飲みながら、お子さまはホットチョコレートを飲みながら、あたたかメニューをほおばってくださいました。

体が温まった後はマルシェでお買い物をお楽しみくださり、店主たちとの会話を楽しみながら、お鍋や煮込み料理にぴったりの野菜・旬の果物・生姜や胡椒などの香辛料などをお求めになり、マルシェの思い出と共に、ご自宅に帰ってもあたたかいメニューを楽しんでいただけたようです。

2019年1月19日(土):ヒルズマルシェ

厳しい寒さが続く中、早い時間からお越しくださっていたお客さまもお昼近くのご来場になり、冬の午後の柔らかな光の中で賑わいをみせたマルシェになりました。

初登場のキッチンカー2台は、地域色の濃い珍しいメニューが揃いました。

長野県の生産者さんが出店されたキッチンカーは、なんとこの時期に焼きとうもろこし。

夏の間に収穫したフレッシュトウモロコシを冷凍し、冬にいただいてしまおうという試みです。

甘味があって瑞々しい焼きとうもろこしは、冬に食べてもハフハフ美味しい。

もう一台は長崎の郷土料理"じゃぶ飯"。甘辛いタレにご飯を浸してたべるメニュー。お野菜もお肉もたっぷり入っているので満足できるのにヘルシーなのが嬉しい。

2019年1月12日(土):ヒルズマルシェ

2019年のヒルズマルシェがスタートしました。

会場のあちこちから、お客さまと店主の「明けましておめでとうございます」のご挨拶が聞こえてきて、年始の賑わいの雰囲気。

気温はぐっと下がり雪もちらつく中でのマルシェでしたが、マルシェを待っていてくださるお客さまで、お店に行列ができた時間もありました。

レモンが中心だった柑橘生産者さんでは、ミカンの柑橘がふえてきて、はるかや麗江など甘味と酸味が楽しめます。

長野果物生産者さんでは、干し柿が人気。甘味がぎゅっと濃縮して栄養もたっぷり。毎年大人気のイチゴは、だんだん味がのってきていますよ。

風邪が気になる季節、ビタミンをたっぷりとりたいですね。