ヒルズマルシェレポート2019年06月

2019年6月22日(土):ヒルズマルシェ

週末には雨になる周期になってしまっているのでは?というほど、毎週末のヒルズマルシェではこのところ雨が続いています。

でもリピーターさんたちは雨にあたらずにお買い物できることをご存知なので、毎週もりもりと増えていく夏野菜を始め、お目当てのものを順番にお店をまわってチョイス。

サクランボは毎週新しい品種がでて、杏も甘い香りを漂わせていました。

この日は、初登場のお店も2店舗あり、日本橋浜町の洋菓子屋さんでは発酵バターをたっぷり使ったパウンドケーキを、イスラエルの蜂蜜屋さんでは珍しい"アボカド"や"ナツメ"など他では見かけないお花の種類がそろっていて、幅広くお楽しみいただけたようです。

2019年6月15日(土):ヒルズマルシェ

荒れ模様の天気予報が当たってしまい、マルシェの外は大雨と風でしたが、ヒルズマルシェ会場は大きな屋根に守られてゆったりお買い物いただけました。

リピーターさんが多い「さがみこ有機畑」さんでは、先週から出てきたブルーベリーが大人気のうえに、ホワイトセロリ・クレソン・新生サラダセット・ワンカットレタスなどサラダで食べて美味しく見た目もきれいな野菜が増えて、店先で目移りしてしまうほど。

加えて新じゃがや玉ねぎ、葉付きニンジンも立派で料理魂も揺さぶられます。

旬のサクランボは「ノザワ農園」さんの"高砂"、「はるセレクション」さんの"正光錦"と品種違いの味比べもできる贅沢さ。

楽しみ方もさまざまあるマルシェです。

2019年6月 8日(土):ヒルズマルシェ

毎年、初夏から晩秋にかけて出店してくれるノザワ農園さん、今シーズンはこの日からスタートでした。

毎年の光景ですが「今年も始まったね~」「今年の出来はどう?」とお客さまと会話しながら、初モノのサクランボもあれよあれよという間に完売してしまいました。

"高山"という珍しい品種のサクランボは、甘味と酸味のバランスがよく、梅雨時にはぴったりの爽やかな味です。

また、お久しぶりのご出店エヌファームさんが、茨城からピュアホワイトというトウモロコシで勝負しに来てくださり、みずみずしい甘味と爽やかな後味、生で食べて美味しいポイントも高く、試食された方は必ずお買い上げ。

野菜そのものの美味しさを堪能されていました。

2019年6月 1日(土):ヒルズマルシェ

6月らしく青梅があちこちの店先に並び、マルシェ会場も爽やかに。

夏野菜は先週まではベビーコーンがメインでしたが、この日より通常サイズのトウモロコシも出てきて夏気分が盛り上がります。

しかもとっても甘くて、試食をされたお客さまはみなさん、お買い上げでした。

また、トマトやズッキーニなど夏野菜もよりどりみどり、果物もスイカが大人気で完売するほど。

久々にご出店のオーガニックと天然酵母にこだわったパン屋さん、初登場のグルテンフリーソイ(大豆)スイーツ専門店や、フィリピンのチョコレート専門店もお客さまから嬉しい反響をいただきました。

梅雨に入る前の、一日過ごしやすい涼やかなマルシェ、みなさまに堪能いただいたようです。